津島が友人、親戚だけに送った、あなたの資産を守るための資産防衛法!緊急出版しました!資産防衛法。あなたの資産はだれに守られているか?

あなたは自分の資産を守れていますか?対馬が友人親戚に配った資産防衛法

すでに始まっている大恐慌にどう資産を備えるのか。

資産規模が数万円の人でも可能な方法を含めて書いてみました。

少しリリースが遅れてしまいましたが、今からでも十分に意味があります。 

カリフォルニアが財政破綻しそうです。

すでにシュワルツェネガー知事は、7月末に財政が破綻すると告知し、
行政執行のために借用書を渡しているそうです。すごいです。

実際にカリフォルニアの分水嶺になると言われているのは、7月28日です。まぁ、連邦政府が助ける可能性も十分にありますが、他にも危ない州はたくさんあるので、ひとつだけ助けて他を見殺しにするわけにも行かず、判断は相当に難しいと思われます。

もうご存じの通り、アメリカ発の世界への影響は大きいものがあります。

あなたはその時までに何もしないで過ごすことを、後に後悔しないでしょうか?本当に資産が無くなっても、守れれていても後悔はしないでしょうか?

大切な資産をどう管理するか、どう守るのか

銀行貯金は危険?

借金は今がチャンス?

お金よりも確かなものとは?

今までの資産管理の常識を覆す、津島が本気で考えた資産防衛の数々を公開。

サブプライムローンやリーマンショックによる株大暴落やジンバブエの超インフレなど・・

みなさんが勝手にあり得ないと考えていることが、どんどん現実になっています。
リーマンショック後だけでも、破綻した国はアイスランドと
ベラルーシ(白ロシア共和国)があります。

余談ですが、自分はNGOの「チェルノブイリ医療支援ネットワーク」の活動で
4回、ベラルーシに行ったことがあります。おそらく通貨破綻の影響は日本など
よりは遥かに少ないです。

ドル崩壊の可能性とは・・・あなたは資産を守り切れるか?

自分は「最終的にはドルが世界通貨であることは変わらない。がその経過ではかなりのことが起こる」と考えています。

様々な混乱がいつ起こるかは分かりませんし(期日を明言した予言は当たらない
というジンクスがありますし)、可能性としては十分ありえると思います。

日本も20世紀にすでに2度通貨破綻しています。

もしそれが現実となったとき、銀行や債権に頼ったところで資産の防衛にはなりません。
今の世の中の情勢を見ていると、何事もおきない可能性は、ほぼないと皆さんもお分かりではないでしょうか。
しかし経済がボロボロになっても、無事に生き残っている人たちはいます。

この資料は津島が友人・親戚に伝えたリアルな情報で、本気で動けばすぐできる資産防衛術が具体的に書いてあります。

これを実践するには「わずか数万円から可能」です。

これを見るか見ないか、実践するかしないかはご自由です。

主には知識よりも心理的なポジティブ性のほうに、実践の可能性が依存しているのはよく知っています。
それでも「人生に多大な影響を与える情報の流布」をしなければ心理的な壁を越えられる人すら助けられません。

しかし、実行するかどうかは別とすると・・・
起こりえるリスクに対して対処方法を知ることは、決して無駄ではないと思います。

危機対策法と煽ると売れやすいんですが、僕はあくまでも煽りませんからね。

価格から言っても売るのが目的ではなく、カーネマンの行動経済学で言う
「価格を支払うというハードルを越えた人のほうがその元を取ろうとして実践する」
という効果を狙ったためです。

なお、実践される方はお早めに。対策が遅くなればなるほど、対策の価値は下がります。

ご購入ありがとうございます いますぐクリック